車椅子に乗っている人のことも考えてみよう

介護応援団!介護に関しての情報・支援サイトです。

車椅子に乗っている人のことも考えてみよう

最近では、様々な場所で車椅子に乗った人を見かけるようなことが多くなってきました。

商店街・デパート・そして行楽地などでよく見かけるため、もはや珍しい存在ではありません。
また、車椅子の研究も進んでおり、車椅子の販売店も増えて、より快適に車椅子の生活を送れるようになったと言っても過言ではないでしょう。しかし、そうは言ったとしても、車椅子を使った生活と自分の足で歩く生活が、全く同じになったとまではまだいえません。

車椅子で1歩外に出てみれば、車椅子の人を苦しめかねない段差・階段は街のいろんな場所にあって、お店やレストランの中などは、車椅子が通れるほど、広い場所ばかりではありません。

そういった中で、自分の足で歩くことができる私たちが、ほんの少し気をつかうというだけで、車椅子に乗っている人が、ストレスを感じない生活ができる・・ということはないのでしょうか。 特別、大変な仕事ではないことばかりのはずです。

例えば、車椅子の通行を妨げる、車や自転車の迷惑駐車をしないことや、道路にゴミを捨てたりしないなど、そんな小さなことだけで、車椅子の人たちが、少しでも困らないような生活ができたりするのです。ほんの少しでも、車椅子の人の苦労を知ろうとするあなたの思いやる心を持つようにしてみてはいかがでしょうか。車椅子の人のことに”無関心”でいないということも、一つの思いやりなのかもしれません。

車椅子マークをご存知ですか?

あなたは、車椅子マークのことを知っていますか?車椅子マークは普段、例えば車を運転していたりすると、車の後ろに貼ってあったり、公共施設などで良く見かけることが多いと思います。そうした場所に貼られている、左の図のように、車椅子に人が乗ったイラストのマークを見る機会も増えたのではないでしょうか。車椅子マークは、もともと「障害者のシンボルマーク」として、”国際リハビリテーション学会”が1969年に制定したものです。この車椅子マークは、主に障害者が利用できる施設に取り付けられていますが、最近では、駐車場・トイレ・バスやタクシーなどにも見られるようになってきました。この車椅子マークを取り付けられている場所などでは、車椅子に乗っていても不便がないようにと作られているものなので、車椅子が通れるように広く場所がとられていて、使い勝手が良い様に、工夫して作られています。また、車椅子に乗っていない人が使用したとしても、例えばトイレのように、車椅子の人が利用中などでなければ、とがめられたりすることはありません。 ですが、なぜその場所に車椅子のマークが付けられているのか、考える人が一人でも多くなってくれば、車椅子の人も、もっと外出しやすくなったりするのではないでしょうか。

Valuable information

Last update:2017/8/18